Induction Heating

Home > Product > Induction heating

Induction Heating

大容量、高効率の誘導加熱インバータの分野では、世界最高の技術力として、輸入代替だけではなく、海外に輸出し、その技術力を認められています。特に自動車用鋼板に使用される亜鉛鍍金鋼板を製造する連続溶融圧延請負ライン(CGL:Continuous Galvanizing Line)でコーティングされた亜鉛と鋼板の合金化をさせるGA Heaterは先進国の誘導加熱メーカーが独占していましたが、2007年ピーエステク独自技術で国産化を成功しました。

2012年現在、海外先進国の技術力と肩を並べ、数千kW級の高周波インバータを設計製作しており、その他の様々な分野に設置され、外国産の装備を高い効率と性能を備えたピーエステクの製品に代替しています。特に毎年熱処理分野では、数千kW級の誘導加熱インバータを製作、供給し、独歩的な位置を確保しています。特に外国産の装備の問題点を分析し、高い生産性を必要とする企業の生産ラインの特性を考慮し、ピーエステクの独創的な技術を具現した回路方式を設計することにより、顧客からの信頼を得ています。

尚、誘導加熱分野において、超大型ギアやボールレース、大型圧延ロール、船舶用スクリュー軸などの超大型熱処理設備の分野の装置も開発に成功し、現在、国内有数の企業で運転されています。特に長年の研究開発投資に完成された誘導加熱パイプウェルド(Pipe Welder)は、優秀な性能で市場を拡大し進んでいます。